• Facebook
  • Instagram
  • Twitter

©Miku AOKI   青木美紅

Works of 2019

 1996

Title

Statement

4 years ago, when I was 18, my mother confessed in our living room, I was born by homologous artificial insemination with longed for by both parents.

 

At that moment I realized the reason why my parents brought me up so affectionately.

 

When I had menarche, my mother got so delighted while it was so unpleasant experience for me. My grandmother added  “ I can`t wait to see my grandchild`s face”. This might have suggested that I was expected to have a baby as soon as possible, because I was born after long infertility treatment of my parents.

They may even worrying about if I can have a child. But I was not sure if I even want my baby or not. 

 

I wonder if my parents expect me to have the required treatment if it should turn out that I cannot have a child.

 

Knowing the fact that  I was born by artificial insemination, I started studying on “Artificial lives”.  The first cloned mammal, Dolly the sheep was as old as me. Although Dolly couldn`t have lived long, the cloned ones from her cells were different. It was proved that Dolly died only due to the epidemic leg disease. Her children also grew up healthily. 

 

After a while I saw Osanai Michiko`s interview in a TV program. Ms.Osanai suffers from cerebral palsy and has been in an electric wheelchair.

One day her mother tried to forced her to be sterilized. However she said “If I still have chances, I will not give up ” and refused it. As a result she finally had a child. And then working as a writer and brought her child up with making her child drink milk by her feet. Now she even has a grandchild.

Ms.Osanai, then, launched “Sapporo Ichigo Kai(Sapporo strawberry association)” , the project for independent lives of disabled people. Ichigo kai functions as a place to meet people and to support disabled people live by themselves when they have their own child. 

 

The Eugenic Protection Law which forced disabled people to be sterilized was abolished in Japan very recently and it was coincidentally the year when I was born, 1996.

 

The fact that the event that I have interested in happened in the year when I was born seems something fateful for me.Then I traveled to Scotland where Dolly had been born and Sapporo where Osanai Michiko lives.

 

Some manipulations force a person to be sterilized and Others enable a person to have a child. Some technologies like cloning are developed to create the next generation and others force some people to be sterilized through nations` policy.



 

The technique that is used to show animation by a revolving device  at the center of exhibition is called Zoetrope.

 

I created an animation artwork with awkward primitive method that represents various hopes and desires around us who continuously create another generation ,in some cases, by awkward artificial ways.

​Miku AOKI

 

 

 

今から4年前、18歳のある日、実家のリビングで母親からこう打ち明けられた。

私は、両親に切望されて、配偶者間人工授精で生まれたのだと。

 

私は、幼い頃より感じてきた「尋常ではない両親からの愛情」に理由があったのだと、その瞬間に感じた。

 

生理が来た時に、私は凄く嫌だったけれど、母親は大いに喜んだ。祖母は私に「早く子供を産んでほしい」と言った。私は長い長い不妊治療を経てからの待望の子供だった分、この先子供を産むことも切望される存在なのだと思う。

おそらく、私に子供を産める能力があるかも、心配されている。しかし私自身は子供が欲しいかどうか、まだわからない。

 

私がもし子供を産めなかったら、両親は、私に子供を産めるよう治療して欲しいと思うだろうか。

 

自分が人工授精で生まれたと知ったのをきっかけに、私は「人の手が加えられた生命」について調べるようになった。世界初のクローン技術で生まれた羊の「ドリー」、彼女と私は1996年に生まれた同い年だ。ドリー自身は短命だったが、彼女と同じ細胞で作られたクローンたちはそうではなかった。よって、ドリーが死んだのは当時流行っていた脚の病気のせいだったと証明された。そしてドリーの産んだ子供たちも、健康に問題はなく、元気に育った。

 

それからしばらくして、テレビ番組で小山内美智子さんのインタビュー映像を観た。小山内さんは、脳性まひを患い、電動車いすで生活している女性だ。

ある日、小山内さんは母親に連れられて、子供を産めないよう強制不妊手術を受けさせられそうになった。しかし彼女は「少しでも産める可能性があるなら、諦めたくない」と、手術を拒否した。その結果、子供を産み、執筆活動でお金を稼ぎ、足でミルクを飲ませて育てたという。いまではお孫さんもいるそうだ。

小山内さんは、のちに「札幌いちご会」という障がい者の自立を支援する会を立ち上げた。いちご会は、障がい者の出会いの場として、そして子供を持った時のため、自力で生活することを支援する場としても機能している。

 

日本国が障がい者に対し、子供を産めないようにするため強制的に手術を行った「旧優生保護法」 が終了したのは、ほんのつい最近、なんの因果か私の生まれた1996年のことだ。

 

調べていた事が、たまたま私の生まれた年に関係しているという偶然に、運命的なものを感じた。そして今回、私はドリーの故郷のスコットランドと、小山内美智子さんの住む札幌へ旅行に出掛けた。

 

産めるようにするために人に手を加えること、産めないようにするために人の手を加えること。次の世代に命を繋いでいくためにクローン技術が開発されたり、命を繋いでいけないようにするために国家が強制して不妊手術を受けさせたりすること。

 

展示室中央で回るアニメーションの技法はゾートロープという。

人の手が入ることによってぎこちなく命が繋がれた私たちをめぐる、様々な欲望と希望について、ぎこちなく原始的な方法で、アニメーションを制作した。

青木 美紅

実家のリビングを刺繍で再現した空間。上で回転しているのは、私が人工授精で生まれたことを告げた時の母親の表情。

(五反田アトリエでの展示風景)

Miku AOKI<1996>, photo:Tetsuya Matsushita

Miku AOKI<1996>, photo:Tetsuya Matsushita

​テレビで観た、「クローン羊のドリー」とその子供が元気に走り回る様子。(ドリーが健康だったという事実に、少し安堵させられる)

Miku AOKI <1996>, photo:Tetsuya Matsushita

テレビで観た、小山内美智子さんのインタビュー。(小山内さんと私は正反対の立場だから、こんなに気になったのだと感じた)

​あいちトリエンナーレ2019(名古屋市美術館2階)での展示風景。実家のリビングの外に、

実際に取材に訪れたエディンバラ&札幌の風景、自動でめくれる旅行記を追加した。

入ってすぐに、旅行記がある。

上で回っているのは、小山内さんとお会いした時の記念写真。

壁紙向かって左は、エディンバラに行った時見つけた「ドリーのティールーム」の写真をもとに刺繍した。

向かって右は、小山内さんに作品を見てもらった時の様子をもとにしている。

ここに、ステートメントが貼ってある。

キャプション&ステートメント。

Installation view at Aichi Triennale 2019  Miku AOKI , <1996>, photo:Tetsuo Ito

Installation view at Aichi Triennale 2019  Miku AOKI , <1996>, photo:Tetsuo Ito

Installation view at Aichi Triennale 2019  Miku AOKI , <1996>,  photo:Tetsuo Ito

Installation view at Aichi Triennale 2019  Miku AOKI , <1996>,  photo:Tetsuo Ito

Installation view at Aichi Triennale 2019  Miku AOKI , <1996>, photo:Tetsuo Ito

Installation view at Aichi Triennale 2019  Miku AOKI , <1996>, photo:Tetsuo Ito

Installation view at Aichi Triennale 2019  Miku AOKI , <1996>, photo:Tetsuo Ito

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now